加工しやすいアクリル板~影響を最小限に抑えることができる~

製法による特徴

アクリル板

押出し製法とキャスト製法

プラスチックにはポリカーボネートや塩ビ、ポリプロピレンなどがありますが、その中でもアクリル樹脂は、最も透明度が高いことがあって様々な製品に利用されています。アクリル樹脂を板状にしたアクリル板は主に2種類の方法で製造されています。成形がしやすいため価格が安いのが押し出し製法で作られたアクリル板です。押し出し機を使ってアクリル樹脂を伸ばして保護フィルムを付着して一定の大きさに切断して作られます。分子量が大きいのが特徴で切断すると粘りやすくなるため板のまま使うのが一般的です。穴あけや削りや折り曲げといった加工もしやすく、アクリル板の厚みも一定しているのでアクリルケースやテーブルマットといった加工品によく使われています。ガラス板の間にアクリル樹脂を挟み込んで作成し、板にしてから保護フィルムで包みこみ、端をカットして作る製法がキャスト製法になります。この製法で作られたアクリル板は分子量が小さいため接着剤が入りにくいため機械での加工はできますが、人の手による加工にはあまり適していません。一枚一枚を作製していくため手間がかかるため押し出し製法と比べて価格も高くなります。しかし、厚みのあったり、面積の大きなアクリル板を作ることができたり、色つきのアクリル板を作ることができます。また、強度が高いことが特徴で、アクリル板の表面にレーザー光線で彫刻や模様を付けることができ、芸術品に使われることが多くなっています。

PICK UP

婦人

用途を相談

酸化チタンは、白色顔料としてはもちろん、オフセット印刷、医薬品などでも使用されています。大まかに、その粒子の大きさにより用途が変わってくるため、どういった目的で使用したいかを業者に伝えることで、最適な酸化チタンを紹介してもらうことができます。

詳しく見る

男の人

熱を発生させる装置

工場や製造の現場で必要とされる熱を作り出すには、ヒーターを導入するのが最適です。電気を使って熱を発生させることができ、空気や液体を加熱する他、金属製品に対しても使うことができます。求められる熱量や使う場所によって適切なヒーターを選ぶようにします。

詳しく見る

アクリル板

製法による特徴

プラスチックの一種のアクリル樹脂を板状にしたものがアクリル板になりますが、作り方は2種類に分かれます。押し出し製法は安価で手作業による加工もしやすいのが特徴で、キャスト製法は硬いため機械で加工を施すのに向いています。

詳しく見る

Copyright© 2018 加工しやすいアクリル板~影響を最小限に抑えることができる~ All Rights Reserved.