加工しやすいアクリル板~影響を最小限に抑えることができる~

用途を相談

婦人

目的に合わせたタイプ

酸化チタン、酸素とチタンの化合物であり、塗料として白色顔料として利用される一方で、オフセット印刷の解像度の高い感光体として利用されています。そのほか、日焼け止め剤のUVカットの材料や太陽電池の電極、さらには医薬品や化粧品といった人体に関わる部分など、幅広く使用されています。酸化チタンは熱に強く、極めて安定的であるため、ほかの物質の効力を失うことなく、独自の効果を発揮できるというメリットがあるのです。これらの酸化チタンを利用する場合、その特性は粒子の大きさに関係している場合が多く、同じ酸化チタンでも用途に合わせたものを使う必要があります。特に日焼け止めとしての用途で使用する場合、その粒子は10nm~50nmのものが使用されており、透明度を確保しながら、紫外線をカットするという性質を利用しています。この酸化チタンの研究は日々進んでいるのが現状であり、この開発は各企業で行われています。その為、各企業ごとに扱っている酸化チタンの傾向が違っており、どの業界向けに販売しているかによって、扱っている酸化チタンが変わっているのです。どのような企業がどのような酸化チタンを扱っているかについては、インターネット上の情報を基に見当をつけることができます。一般的な素材はもちろんのこと、独自開発した酸化チタンを扱っている場合もあるので、用途と目的を提示することで、最適な商品を提供してもらうことができるようになっています。

PICK UP

婦人

用途を相談

酸化チタンは、白色顔料としてはもちろん、オフセット印刷、医薬品などでも使用されています。大まかに、その粒子の大きさにより用途が変わってくるため、どういった目的で使用したいかを業者に伝えることで、最適な酸化チタンを紹介してもらうことができます。

詳しく見る

男の人

熱を発生させる装置

工場や製造の現場で必要とされる熱を作り出すには、ヒーターを導入するのが最適です。電気を使って熱を発生させることができ、空気や液体を加熱する他、金属製品に対しても使うことができます。求められる熱量や使う場所によって適切なヒーターを選ぶようにします。

詳しく見る

アクリル板

製法による特徴

プラスチックの一種のアクリル樹脂を板状にしたものがアクリル板になりますが、作り方は2種類に分かれます。押し出し製法は安価で手作業による加工もしやすいのが特徴で、キャスト製法は硬いため機械で加工を施すのに向いています。

詳しく見る

Copyright© 2018 加工しやすいアクリル板~影響を最小限に抑えることができる~ All Rights Reserved.