加工しやすいアクリル板~影響を最小限に抑えることができる~

熱を発生させる装置

男の人

対象によって種類が異なる

電気を使って何かを温めることができる装置のことをヒーターと言います。工場や製造の現場でも多く使われていて、液体や金属など熱を加える対象によって様々なタイプのヒーターが作られています。液体を加熱する場合、ヒーターを設置する場所によって形状が変わってきます。最も普及しているのが、液体を流す配管の途中に設置するタイプです。配管と配管の間に設置するため場所を取らず、構造も至ってシンプルで導入しやすいという特徴があります。水だけでなく油や薬剤など、幅広い液体にも対応しています。大量の液体を加熱する必要がある場合などは、ケーシングタイプのヒーターも使われます。これは専用の筐体の中に加熱用の板を敷き詰めたもので、一度に大量の液体を温めることができます。ケーシングを大きくすることで、処理効率を高められるのも魅力です。製造工程においては、製品を加熱したり乾燥することがあります。そこでは空気を加熱するためにヒーターが用いられます。取り入れた空気に熱を加え、それを工程内で使う仕組みです。装置の構造は液体を加熱するのと同様ですが、空調に利用できるダクトタイプのヒーターも作られています。金属製品の加工にも、素材を加熱するためにヒーターが使われます。空気や液体を加熱する場合と異なり、直接製造工程に使えるようサイズが小さく作られているのが特徴です。工程で求められる仕様を満たせるよう、高ワットで高出力のものが揃っています。使いやすさを考えるなら、温度センサーの有無や耐久性を考慮すると確実です。

PICK UP

婦人

用途を相談

酸化チタンは、白色顔料としてはもちろん、オフセット印刷、医薬品などでも使用されています。大まかに、その粒子の大きさにより用途が変わってくるため、どういった目的で使用したいかを業者に伝えることで、最適な酸化チタンを紹介してもらうことができます。

詳しく見る

男の人

熱を発生させる装置

工場や製造の現場で必要とされる熱を作り出すには、ヒーターを導入するのが最適です。電気を使って熱を発生させることができ、空気や液体を加熱する他、金属製品に対しても使うことができます。求められる熱量や使う場所によって適切なヒーターを選ぶようにします。

詳しく見る

アクリル板

製法による特徴

プラスチックの一種のアクリル樹脂を板状にしたものがアクリル板になりますが、作り方は2種類に分かれます。押し出し製法は安価で手作業による加工もしやすいのが特徴で、キャスト製法は硬いため機械で加工を施すのに向いています。

詳しく見る

Copyright© 2018 加工しやすいアクリル板~影響を最小限に抑えることができる~ All Rights Reserved.